うつの症状を知ろう。
カウンセリング

早期対応がとても大切

現代社会はうつ病の症状が出やすくなっています。多くのストレスを抱える時代なのです。うつ病の症状は色々とありますが、心理的な部分でちょっとおかしいと感じたら病院へ行きましょう。気を付けることはストレスを溜めないことです。

適切な治療で回復します

医師

周囲の協力が不可欠です

心の病を患う人は300万人以上と言われています。ここ10年間の患者数の増加は、社会環境の急激な変化も影響しています。携帯電話やパソコンの普及は生活を便利で豊かなものにしてくれます。しかし膨大な量の情報は人間関係を疲弊させ、複雑化させているという面もあります。高度に発達した情報化社会はストレスを生じさせています。過剰なストレスは心身への影響が大きく、心の病への入口となる場合があります。心の病と言っても様々な種類があり、症状も一様ではないので、発見が遅れてしまう場合があります。できるだけ早く対処する事が大切です。本人が自覚できない場合もあるので、周囲の人が気がついてあげる事が必要です。そして心の病には心身症や統合失調症等がありますが、特に増加傾向にあるのがうつ病です。うつ病になると抑うつ感が増して何に対しても消極的になります。更に判断力や集中力が低下してくるので、仕事や日常生活が思う様にできなくなります。職場では作業効率が落ちている事で怠け者の様に扱われてしまう場合もあります。ミスを頻繁にくり返す様になると、上司から厳しい注意を受け、ますます気分の落ち込みが激しくなります。治療には職場や家族の協力が不可欠です。うつ病を患いやすい人は几帳面でまじめな人が多く、責任感も強いのが特徴です。本人は全力で物事に対処しているので、あまり励ますとマイナス思考に陥り、逆効果になる場合もあるので注意が必要です。患者へ対しては理解と共感を示しながら、温かく見守る心を持つ事が大切です。うつ病はストレスが引き金となりますが、その兆しとして眠れない等の症状がある場合があります。質の良い眠りは健康の基本です。眠りが浅い人は交感神経が優位になっているので、緊張している状態です。日頃から疲労感や倦怠感に悩まされています。2週間以上熟睡できない期間が続く様なら、うつ病を疑う事も必要です。うつ病は精神科で治療を受ける事になります。抗うつ剤や睡眠薬を使用した薬物療法や認知行動療法等の精神療法を組み合わせて行います。そして治療には長い期間を必要とするのが一般的です。その為に薬の利用に関して副作用の心配をする人がいます。しかし最近のうつ病に使用する薬は副作用が少ないので、長く利用しても体への負担についてあまり心配する必要はないです。更に臨床心理士によるカウンセリングを受ける事もできます。カウンセリングは相手との相性もありますが、問題解決の為の糸口となる場合があります。積極的に利用する事が必要です。そしてうつ病の症状が緩和されてきた場合に自分の判断だけで薬を中断してしまうと、症状が再び出てしまう場合があります。きちんと医師と相談してから薬を減らしていきます。そして精神科を利用する事に偏見を持つ人も少なくないのが現実です。しかし実際には多くの人が心の病を患いながらも、適切な治療を受けずに症状を悪化させてしまうケースが少なくないです。専門医の治療を受ける事が社会復帰への第一歩となります。迷った場合は、かかり付けの内科医に相談してみるのも良い方法です。必要があれば、適切な医療機関を紹介してもらう事ができます。

ウーマン

病気のことを詳しく知ろう

誰でもいつでも掛かる可能性のある病気、それがうつ病です。倦怠感や悲観的になるなど様々な症状がありますが、腹痛や食欲減退など体にも色々な影響を及ぼします。専門機関での治療をし、心と体を休めることが最も良い方法と言えるでしょう。

おすすめ関連サイト

  • うつ病サプリ

    うつの症状を知っておく意味はあるのか?大アリですよ。間違った対応をしないためにも基本知識は知るべきです。
  • うつアカデミー

    もしかしたらうつの症状と思ったら、このサイトをクリックしよう。早期発見が一番重要なので、不安なら見てみるべきですよ。
男の人

身近な精神病

うつ病の症状は、気分の低下や頭痛、睡眠障害などが典型としてあります。発症してしまった場合はまず早めに病院へ行きましょう。抗うつ剤などを使用しながら、心のコントロールをして少しずつ治療をしていきましょう。