医療

早期対応がとても大切

カウンセリング

ストレスが大きな原因

色々な病気がありますが、その中でも現代社会において多くの人々がなってしまっているのが、うつ病です。昔からこの病気はありましたが、最近は色々な意味でストレスを抱えることが多い社会になってしまっています。普通に仕事をしていても人間関係の問題などからストレスが知らないうちに蓄積されていきます。ストレスというものは誰でも抱えるものです。これは生きている以上はストレスがない人はいないと言っても良いでしょう。自分でストレスを抱えていることがわかる人もいれば、実際はストレスがかかっているけれども、それが大したものではないので気が付かない人もいます。ただし、ストレスを蓄積していくと、単なるストレスだけで終わらずに体のいろいろな部分で異変が起こってしまいます。その一つがうつ病になります。この病気がとても厄介なのが、自分では何も自覚症状がないのに気が付いてみたら、うつ病になっていたというケースです。自分ではわからないうちになっているわけですから、くせ者の病気と言えるでしょう。周囲の人が症状に気が付いてあげることができれば、早期の段階で心療内科や精神科に通わせてあげることはできます。しかし、周囲の人もちょっとこの人は体調が悪いのかなという程度で軽い気持ちで接してしまう人は多いでしょう。とにかく、うつ病になる前の段階で心療内科や精神科に行って先生にカウンセリングをしてもらうことができれば、まだ早期の段階ですから治療をきちんと行うことで改善するのも早いです。しかし、これがかなり深刻化してしまうと、治るものもなかなか治らなくなってしまいます。さて、うつ病の症状が出ないようにするためにはどんなことに気を付けるとよいでしょう。大切なことはストレスをため込まないことです。過度なストレスからうつ病の症状が出てしまうので、ストレスがかかるのは生きている上では仕方ないので、そのストレスをその都度きちんと発散させることが重要です。日頃からストレスが溜まってしまった時の発散方法を自分なりに決めておきましょう。趣味に没頭することができれば、ストレスは発散しやすいです。例えば、仕事でストレスを抱えた時には、仕事帰りにお酒を軽く飲むとか、友人と会話する時間を持つとか、どんな内容でも良いのです。ストレスさえ溜めないようにすれば、うつ病の症状が出ずに済みます。ただ、そのコントロールも全てがすべてうまくいくとは限りません。かりにストレスが溜まっていき、いつもとは気分的に違うなと感じたら病院に行きましょう。具体的な症状としては、今まで夜はぐっすり眠ることができていたのに急に寝付きが悪くなったとか、食事が美味しく感じられなくなったなどです。いつもとは違う症状が出てきたときには、病院です。病院にいってカウンセリングを受けてみて何もなかったらそれはそれで良いことです。また、最近はうつ病の新たな形として、新型があります。これは好きなことをすることはできるが、それ以外は無気力になってしまう内容です。他人からみれば、ただ単に怠けているだけのように感じますが、これも病気なのです。周囲も理解してあげることが大切でしょう。